問題集や教本に使われている用語の意味

問題集や教本でよく用いられる用語です。

質問メールにてよく質問される用語です。

| HOME | 問題集や教本に使われている用語の意味 |

更新日 2016-03-25 | 作成日 2007-09-18

下のタブをクリックして下さい。

路側帯

歩行者の通行のためや、車道の効用を保つために、歩道のない道路(歩道が片側のときは、歩道のない側)に、標示によって区分されている道路の端の帯状の部分をいいます。下図の3種類になります。
路側帯画像クリックすると拡大されます

路肩

道路の主要構造部を保護したり、車道の効用を保つために、車道や歩道などに接続してもうけられている道路の端の部分

安全地帯

路面電車に乗り降りする人の安全をはかるために、道路にもうけられている島状の施設や、標識と標示によって安全地帯であることが示されている道路の部分

高速道路

高速自動車国道と自動車専用道路をいいます。

車など(車両など)

車と路面電車をまとめて「車など(車両など)」と言います。

車(車両)

自動車、原動機付自転車、軽車両やトロリーバスをいいます。

自動車

原動機(エンジン)をもちい、レールや架線によらないで運転する車で、原動機付自転車や身体障害者用の車いす、歩行補助車など以外の車をいいます。

例 大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪、普通自動二輪

原動機付自転車

総排気量が50cc以下の二輪車または、三輪車(左右の輪距が0.5メートル以下で屋根なし、屋根つきのもの)と総排気量が20cc以下の三輪以上の車をいいます。(自転車、身体障害者用の車いす、歩行補助車などを除きます)

軽車両

自転車、荷車、リヤカー、そり、牛馬などをいいます。

徐行

車がすぐ停止できるような速度で進むことをいいます。

(注)すぐ停止できるような速度・・・・ブレーキを操作してから停止するまでの距離がおおむね1メートル以内となるような速度をいい、通常その速度はおおむね10キロメートル毎時以下とされています。

車の停止距離

空走距離+制動距離=停止距離

空走距離・・・ハッと思ってブレーキをかけ、ブレーキがきき始めるまでの距離
制動距離・・・ブレーキがきき始めてから車が止まるまでの距離

車などや歩行者の区分

区分画像クリックすると拡大されます

原付の右折方法

右折画像クリックすると拡大されます